皆好 美濃焼おかき・あられの専門店 寸田製菓株式会社

こだわり

寸田製菓株式会社の 「おかき・あられ作り」  

・・・・・昔ながらの伝統製法の良さを守って、美味しさを磨く・・・・・

素材選びに始まり、原材料の自然の美味しさを生かす、九つの工程と7日以上の手間ひま掛けた昔ながらのおかき・あられ作りをしています。

◇こだわり
 ◎やでえかおかき
 地産地消という考え方で岐阜県産にこだわり、地域の食材・食文化への理解、地域経済の活性化につながるものとして進めていきます。

 ◎発芽玄米
 添加物など一切使用していない、健康にこだわって作っています。

 ◎チーズ・納豆
 素材の味を活かした商品です。
○チーズの良さ
 チーズは、「完全栄養食品」と言われているほど、栄養価の高い食品だそうです。
 栄養価の高い牛乳を凝縮したものなので、牛乳に含まれている栄養成分が、チーズには丸ごと詰まっているのです。
 

工程・ポイント  

 素材選び
国内産水稲もち米100%使用。特製本醸造タマリなど良質な原材料だけを使った美味しさへのこだわり。美味しさの原点は、素材を吟味し、選ぶことから始まります。

 浸す
精米したもち米を、ていねいに洗米し、自然の恵みである美濃地方の地下水(年間15〜16℃の地下水)に一夜浸します。

 蒸す
国内産水稲もち米に一番合う柔らかい蒸気で、充分時間をかけて、蒸し上げます。

 搗く
餅米本来の美味しさを損なわないよう細心の注意を払い、おかきの目的に合わせて餅つきをします。

 冷却
搗きあがった餅は、温度管理された冷蔵庫へ直ぐ入れて、3〜4日じっくり寝かせます。

 切る
商品の大きさや形に合わせて、切ったり・型抜きをしたりします。

 乾燥
いつも安定した生地作りに欠かせない乾燥は、重要な仕事です。伝統の技術によりバラツキのない美味しさが生まれる所です。

 煎り
よく寝かせた生地を煎っては冷やし、煎っては冷やしの繰り返しの手焼きの手法により、生地をほどよく膨らまし、香ばしさを出します。

 味付け、海苔巻
香ばしさのある素焼きを、タマリ味・サラダ味などに味付け乾燥します。海苔巻は、あられ生地を蒸気で湿らし、厳選された海苔を巻きます。(この工程を機械で行います)

 包装

 袋詰

 製品

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional